読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

買取や禁酒、趣味でプレイ中のドラクエ10ブログ

主に買取や禁酒についての情報を発信!たまに愚痴も…

禁酒をすると酒に酔っ払っていた自分が恥ずかしくなる

禁酒を始めてからは誰かと食事する時も、もちろん酒は飲みませんが、一緒に食事する人は酒を飲むことがあります。

 

すると、もちろんだんだん酔っ払ってくるわけなんですが、その酔っ払ってる友人の姿を見て、

 

「恥ずかしいな」

 

と思うようになりました。

 

別に酔っ払って大騒ぎなどをして周りに迷惑をかけてる訳ではないのですが、

 

饒舌になる

同じことを何度も話す

語り出す

顔が緩んでだらしなくなる

息が酒臭くなる

千鳥足になる

寝てしまう

 

 

など、酒を飲むと多くの人がそうなる事が、シラフで観察してると恥ずかしく思えるんです。

 

まるで禁酒する前の自分を見ているような...。

 

禁酒する前の自分も傍から見たらこうだったんだろう。

いや、むしろもっと酷かった…。

 

きっと友人はもちろん、周りの知らない人から見ても、とんでもなく恥ずかしい事をしてきたと思います。

 

でも、そんな酔っ払った友人を見ても、酒をやめさせる気なんて全くありませんし、「恥ずかしいからやめて」なんて言うこともしません。

 

友人は酒を飲んでも正常なほうだと思いますし、仮に自分も酔っていたら「まだ酔ってないし、飲み足りないでしょ?」と酒をすすめる事でしょう。

 

自分が禁酒してるからって、それを棚に上げて

 

「酒は悪だ」とか

「酒は体に悪いからやめろ」とか

「酔っ払ってだらしないよ」とかは

 

心で思っても、口には絶対に出しません。

 

こうやってブログには書きますが笑

 

酔っ払った友人にこうなって欲しいという願望もありませんし、酔っ払ってるからって嫌いにもなりません。

 

ただ、

 

前の自分を見ているようで、

 

前の自分を思い出してしまって。

 

恥ずかしい思いがこみあげてくると共に、

 

酒をやめてよかったと思えた時でもあります。

 

 

 

自分はもう2度と酔っ払った姿を他人に見せる事はないだろう。

 

広告を非表示にする